東方紺珠伝 ステージ6(ノーマル) 

2015/08/01
Sat. 18:03

<ステージ6>



ステージで大変なところは中間だけとなります。


チャプター1
3回怨霊が出てくるのですが打たなければ何もしてこないです。
次の怨霊2体は自機狙いの玉を飛ばしてきますが画面左下から右に移動し端までいったら上、上までいったら左と移動すると簡単に回避ができます。そのまま左の端で待機。


チャプター2
下に弾幕をたくさん飛ばしてくる怨霊が4回出てきます。
左に待機して画面上まで行き、怨霊が向かってくるタイミングで右上に移動、2波目の怨霊が向かってきたら左上と繰り返すだけで突破できます。


チャプター3
なぜか恐ろしく難しいかつ長いチャプターです。
上からずっと弾幕が降ってきて、途中から星弾幕が自機狙いで飛んできます。
私なりのコツですが画面中央にいる時間を長くし、画面端にいる時間を短く上下に高速移動しながら再び真ん中に切り返すというものです。


チャプター4
怨霊が4回出てきますが、何もしなければそのまま突破します。


6面ボス 純狐(ジュンコ)

junko.jpg

ボムを決めボムとしてほぼすべての弾幕で使用します。

通常弾幕1
円上に高速弾を飛ばしてくるのでボスの下でちょん避けで回避します。

東方紺珠伝6-1
うどんげはスペカ中このど真ん中通過でもヒットしました。


スペルカード1「掌の純光」
レーザーと玉を円形に飛ばしてくる弾幕です。
レーザーを避けて玉を避けるという順番で回避します。
3回それを繰り返すと、合間にレーザー2本と玉2つのバージョンを1回飛ばしてきます。
こちらはレーザーの合間をよく見て左か右かを判断して避けます。


通常弾幕2
回転する円形の玉に1か所だけ穴が開いている弾幕です。
ボスから中距離離れたところからスローで移動しながら抜けると簡単に回避ができます。


スペルカード2「殺意の百合」
中玉を飛ばし、壁に当たるとそこから破裂して広範囲を埋められてしまう弾幕です。
3回中玉を飛ばし最後にボスから広範囲に展開する極太レーザー3本とそれをまく感じでレーザーがついてきます。

横に展開させてはだめといわれますが下→かなり上の横→下(打ち込み)→広範囲という順番にすると意外と簡単なスペカに見えてきます。覚えないといけないこととして、ボス中心で展開される広範囲を避ける場所です。

東方紺珠伝6-s2

ボスからちょっと横に陣取ったあと縦方向を合わせ、青い四角の中にいれば打ち込みながら回避することができます。


通常弾幕3
円形の弾幕が連続で一気にきます。
正確な入力をしないと被弾は免れないのでボムで乗り切るのが良いと思いました。
霊夢は自機の中で最も回避はしやすいです。


スペルカード3「原始の神霊界」
密度の高い弾幕に囲まれるスペカです。
回避方法は展開したときに抜け道を探すのですが、一瞬で穴を見つけるのは難しいです。
ボムを使用して安全に抜けるのがいいと思いました。


通常弾幕4
跳ね返る弾幕。
画面の下で回避すると跳ね返る玉を無視できて楽ですが、角度がついた玉は普通に当たってしまいます。


スペルカード4「震え凍える星」
通常弾幕3のスペカバージョン。
弾幕の配置は固定されていますが、集中力と正確な移動ができないともれなく被弾します。
霊夢は少し移動幅をミスしても当たらないので楽かもです。


スペルカード5「純粋なる狂気」
ふにゃレーザーとレーザーの拘束型の弾幕。
拘束レーザーを回避し、最下段でふにゃレーザーを回避。
そのあと少し移動して拘束レーザーの戻りを回避するという流れになります。


スペルカード6「溢れ出る瑕穢」
耐久弾幕です。
自機中心に円状に弾幕が展開し、自機狙いで飛んできます。
この弾幕は四角形を描くような回避をすると楽になります、残り3秒くらいになったらその回避法から1波ずつ細かく避けるように変えると取得を狙うこともできます。


ラストスペルカード「ピュアリーバレットヘル」
4段階まで弾幕が変化します。
1段、2段は問題ないと思いますが3段目から難易度が跳ね上がります。
3段目の青玉は、より目になって回避すると交差するところは見やすくなります。
4段目は楕円形の弾幕が絶え間なく来るので移動を制限され狭い中での回避になります。

クリア目的の場合は3段目からボムで削っていくと2ボムで決めることができます。


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://arurausu02.blog.fc2.com/tb.php/94-a8636f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09